HOME  >  スマートフォンの使い過ぎで起こる『スマホ認知症』をご存知ですか?

スマートフォンの使い過ぎで起こる『スマホ認知症』をご存知ですか?

おすすめ施設
↑一覧へ 次へ→

2018/09/03

スマートフォンは、多くの人が生活必需品として欠かさず使うものになりつつありますが、使い過ぎは視力低下・画面から発せられるブルーライトが様々な悪影響を与えることが報じられています。

さらに、最近ではスマートフォンの使用時間の長さが原因で「スマホの認知症」になる可能性もあることが話題となっています。高齢者だけでなく、働き盛りの世代でも物忘れが気になって医療機関を受診するケースが増えているといいます。そして、原因のひとつにスマートフォンの使い過ぎがあるといいます。

スマートフォンを長時間使っているときは、脳が休めない状態となり知らず知らずのうちに脳を使い過ぎてしまっているといいます。脳が疲労すると記憶力や処理能力が低下し、物忘れのような症状が現れるのです。

便利なスマホは日常生活に欠かせないものですが、健康的な生活を送るためにも適切な使用を心掛けたいものですね。

↑一覧へ 次へ→
おすすめ施設

各種お問い合わせ

ご家族の介護に関する不安を解消いたします

介護し施設を探す 介護施設バーチャル3D体験 施設選びのポイント・ご契約までの流れ
ご利用者の声 施設開業オーナー様情報 当サイトへの掲載希望募集
株式会社日本RMEアールエムイー

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1-16-8
ITビル8F

会社概要    3Dパノラマ

お電話から

TEL:092-481-1755

受付時間:AM9:00~PM7:00
定休日:土日祭日

お問い合わせフォームから

ちょっとした疑問から専門的な質問までお答えします!
何でもお気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

Pagetop

有料老人ホーム 高齢者住宅検索 福岡|RME介護施設情報ねっと